顔合わせ 服装

顔合わせ服装対策ガイド

顔合わせの時に気を付けたい服装の注意点

顔合わせは、両家で二人の結婚を結束することと、親睦を深めることを目的とするものです。
同じような目的をもつものに結納がありますが、こちらは正式な儀式であり、よりしきたりを重んじます。
対して顔合わせは、食事をしながら歓談し、親睦を深め合うもので、決まりやしきたりなどは基本的にありません。

顔合わせは、結納に比べればカジュアルというように言えますが、両家が揃う場なので、最低限相手に失礼にならない服装をすることを心がけたいものです。
顔合わせでの服装で気をつけたいことは、両家の格を揃えることです。
両家が対等の立場に立っての顔合わせですから、両家の服装に違いがありすぎると気まずくなってしまいます。
そうならないためにも、当日の服装を事前に相談しておくとよいです。

顔合わせは、料亭やレストランで行われることが多いですので、その格式にあった服装で臨むといいでしょう。
基本的には、男性はスーツ、女性はワンピースとなります。
格式の高い料亭などで行う場合、女性は振袖でもいいでしょう。

女性の場合は、服装において気をつけた方がよいことがいくつかあります。
振袖などの和服の場合は、着付けの時間なども含めて十分に時間的余裕を持ったほうがいいでしょう。
和服でない場合は、なるべく肌を見せないようにします。
素足はNGなので、必ずストッキングを着用しましょう。
スッキリとしたヘアスタイルにして、食事の邪魔にならないようにすることも大切です。

両家の親睦を深め、両家にとってよい結婚になるよう、しっかりと準備して顔合わせに臨めるといいですね。

場の格式に合わせた服装選び

顔合わせは、結婚前に結納とは別に料亭やレストランで行われる両家の食事会のことです。
決まりやルールが基本的にはなく、結納よりはカジュアルな顔合わせは、あまりホテルでは行われません。
しかし、料亭やレストランがホテルに併設されているものや、顔合わせ用のプランを用意しているホテルもあります。
そのような場合では、どのような服装を心がければいいのでしょうか。

顔合わせのときの服装は、催される場所の格式も大事ですが、両家の服装の格を合わせることがとても大切です。
片方の家がスーツなどを身に着けているのに対し、もう片方の家がカジュアルな私服では、顔合わせの場も気まずくなってしまいます。
そうならないために、当日の服装を両家で話し合っておくといいでしょう。

顔合わせでの基本的な服装は、男性はスーツ、女性は振袖やワンピースです。
これも顔合わせを行う場所の格式に合わせて選ぶといいでしょう。

ホテルで行われる場合、洋食レストランなどよりは格式が高いと見なされる場合が多いので、ワンピースよりも、振袖やセミフォーマルスーツなどがいいでしょう。
振袖などの和服の場合、ホテルによっては着付けをしてくれるところもあるので、確認しておくことをおすすめします。

男性は清潔感、女性は清潔感も大切ですが、華やかさも意識するといいでしょう。
相手方に失礼のないよう、事前にきちんと準備して、顔合わせに臨めるようにするといいですね。